Tokyo Arthritis Clinic

東京リウマチクリニック

リウマチ・関節疾患専門(旧自由が丘整形外科)

東京リウマチクリニック 電話対応の時間は月~金 10:00~17:30まで 0337221411

田園調布駅徒歩7分
自由が丘駅徒歩15分

トップページの中の膝関節についての中の自宅でできる膝関節自己診断

自宅でできる膝関節自己診断

膝の見方

水がたまっているか見る方法

  1. ひざの両側のえくぼ
  2. ひざがしら
  3. 膝蓋骨(おさら)の浮動

ひざの両側のえくぼ

ひざのえくぼは、膝を伸ばした状態から軽度膝を曲げた状態で、膝蓋骨の両側が凹んで見えるところです。

ひざのえくぼ

通常の状態は、関節内が陰圧にかかって凹んでいます。水が溜まっている場合は、この凹みがなくなります。膝を最大に曲げた状態でも、凹みはなくなりますが、これは関節内が陽圧に変化しているので正常です。

ひざがしらと膝蓋骨(おさら)の浮動

まず、椅子に座り、片方の足を台などに乗せて、伸ばした状態にします。

膝の曲げ伸ばし動作

この状態で、膝頭(膝蓋骨)を下から上に動かして押してみます。

これは、関節内に貯留した水の状態を確認するのが目的です。余分な関節液がある場合、膝蓋骨を押さえてみると、浮き沈みするような感覚を感じることができます。

どこが痛みの原因か見る方法

  1. まず 押してみる
  2. 両側えくぼと骨の4箇所
  3. ねじってみる

まず押してみる 両側えくぼと骨の4箇所

膝関節周囲を押すと、痛みの原因が、関節内か、それとも関節周囲の組織や神経なのか確認します。

骨の4箇所・・・大腿骨側の内顆、外顆、脛骨側内顆、外顆。

膝の痛みの原因を探す

また、足を伸ばした状態で膝を固定し、外側や内側から、圧力を加えるように手で押し、どちらに痛みが出るか確認します。

ねじってみる

膝を最大に曲げてみたり、ゆっくり伸ばしながら、下側の足を内側や外側にひねってみます。

膝に痛みを感じたり、パキッパキッと鳴る音を感じたら、内側や外側についている靱帯や半月板が傷ついている可能性があります。

膝をひねるような動きで痛みがでるか

次ページ・・・膝に水がたまるかたへ

田園調布イラスト
^