Tokyo Arthritis Clinic

東京リウマチクリニック

関節リウマチ・リウマチ膝関節炎治療専門
(旧自由が丘整形外科)

東京リウマチクリニック 電話対応の時間は月~金 10:00~17:30まで 0337221411

関節リウマチとは

(RA:Rheumatoid Arthritis)

病態

関節リウマチはまだ原因が不明で、完全に治すリウマチ治療法は見つかっていません。

しかし現在では抗リウマチ薬(MTX=メトトレキサート・リウマトレックスほか)を中心とした薬物療法によって、リウマチ(病気)の勢い(=炎症)をかなり抑えることができます。

リウマチによる炎症、つまり関節の腫れやこわばり、痛みを強いままにしておくと、軟骨や靱帯、骨が破壊され、取り返しのつかない変形に進行します。痛いのを我慢して薬を飲まないのがもっともよくありません。

正常な関節とリウマチ関節

本院の外来を受診される患者さんは、みなさん本やインターネットで、リウマチという病気についてよく勉強してください。医者まかせにせずに、積極的に病気と闘う姿勢が、毎日の生活に張り合いをもたせてくれますし、リウマチの治療にも大きな力になります。

特にインターネットは他の患者さんのリウマチ体験談や最新のリウマチ治療情報など莫大な情報がほとんど無料で得られるので、どんなにコンピューターが苦手な方でも始められることを強くおすすめします。

患者さんがリウマチという病気を良く知り、リウマチに対する治療方針についてよく理解してくれているほうが治療効果があがります。

今やリウマチは薬をちゃんと使えば治る病気です。

リウマチ治療中で痛みがとれない、変形が進んできたという方は是非お読みください。

リウマチという病気に立ち向かう

リウマチという病気はまだ原因がはっきりとはわかっていませんが、薬を十分に上手に使えば、ほぼ治る(寛解)時代です。

発症後1年以内に、きちんとした(国際的に標準レベルの)治療を行えば、変形が進行したり、手術になることはまずありません。前向きな姿勢で勇気を持って病気と闘ってください。

リウマチ知っておいてもらいたいこと 血液検査

リウマチ因子

(リウマチテストRheumatoid Factor= RF)

当院での正常値は15mg/dl以下です。

常人でも1-5%で陽性になりますし、リウマチの方でも5%の方は陰性です。

ですからあくまでも目安ですが、この数字とリウマチの重症度はかなり比例しています。

薬が効いてくるとこの数字もある程度下がってきます。

CRP(mg/dl)

リウマチの勢い=炎症の強さを表す最も大事な検査値です。

血沈とほぼ同じ意味合いですがより正確です。

当院での正常値は0.45以下。

リウマチでは症状の程度によって0.5から10以上まで上がります。

(ただ風邪などでも高く出るので注意が必要です。)

コントロールの目標はずっと0.5以下に抑えていくことです。

これを0.5以下に保つのと高いままにしておくのとでは毎日の苦痛が全然違うし、数年後の変形の程度に大きな差が出ます。つまり、薬でリウマチの勢いを抑えていけば、かなりの手術をしなくてもすむようになるわけです。

効果のある薬を十分な量使えば80%のかたはこの数字が達成できます。

ただ炎症の勢いが非常に強い方は、とりあえず1.0以下に治まっていれば合格と思ってください。

あまり小さな数字の動きに一喜一憂せず、大きな流れで見ていくようにしましょう。この数字もあくまでも目安にすぎません。

リウマチの症状と検査値は必ずしも比例しません。

数字より痛み、腫れの程度がより大事です。

自分が飲んでいる薬は、名前、かたち、量とそれぞれどんな薬かを必ず覚えておいてください。

万が一、ミスがあっても最後に自分がチェックできれば間違いが防げるからです。

専門医のリウマチ情報

専門サイトのご案内

田園調布イラスト
^