自由が丘整形外科の体験談とリウマチと膝関節治療に悩む患者さんの声

リウマチ治療薬 MTXとエンブレルでほぼ寛解



No.13

2008年 1月

天本先生、自由が丘整形外科の皆さんへ

昨年はいろいろとたいへんお世話になりました。お陰さまでほぼ寛解です。

自身急激に悪化してCRPが通常にもどるまで2ヶ月もかかり、足が腫れて辛い思いをしたのですが、自由が丘を受診して、MTX生物学的製剤を併用してからすっかり楽になりました。

ただリウマトレックスを試してからでないと生物製剤が使えないのも困ったものです。

他の病気のことはよくわかりませんが、リウマチは患者自身がよく勉強していないと駄目だということがわかりました。

医師そのものが患者に薬について恐怖感とかを植え付けているように思えます。薬剤の使用に関する取り扱い基準なるものも?です。

過ぎ去った時間は帰ってきません。早くよくなりたいと誰もが思っているとはずですが症状にもよりますが、他の病院では難しいですね。

以前掛かっていた病院ではメトトレキサートも3錠まではフォリアミンは必要ないと思っているようでした。

担当医師は薬効を減弱させるからときっぱり言い切っていました。

もちろん口内炎とか症状を訴えるひとには処方していたとは思いますが。

患者は医師が処方箋に記載してくれない限り手に入れることは出来ません。

ニューモバックス(肺炎球菌ワクチン)ですが、採血、インフルエンザ、ツベリクリン、エンブレルと注射が続いたのでさすがに同じ日にはやりたくなくて近くの総合病院で接種しました。

内科の医師が問診の後自ら注射してくれました。

その時「これは一回きりしか受けられませんよ」というので「何故ですか」と聞くと「あまり効果がないとかでメーカーは申請しているのだけれど‥‥」とのこと。

「エェ?効果がないんですか?」と再度尋ねると「いや罹った場合は軽くて済むんですよ。」

横浜市旭区のある総合病院でのことです。

横浜市 ymさん