自由が丘整形外科の体験談とリウマチと膝関節治療に悩む患者さんの声

リウマチで苦しんでいる方は、一度自由が丘整形外科で診てもらってください。



No.19

2008年 8月 私の幸運の始まり・・・

23年ほど前にリウマチと診断されて以来、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、一時は寛解もし今日に到りました。

急激に悪くなったのは、一年くらい前からで近くの整形外科へ通院しました。

肩・手首・足首・膝・肘。すべての関節の痛みで、歩くことはもちろん起き上がる事も人の手がないと出来ず、夜、昼となく主人に痛みを訴え、食欲はなくなり、体は衰弱してしまいました。

頼みにしている痛み止めの点滴の効力も3日くらいで切れて、只々、ベットの上で痛みとの戦いの毎日でした。

そんな時、この様な状態のままで、人生を終わらせるのは可哀相だ。

主人がどこかに良い病院はないだろうかと、長男夫婦に相談し、

インターネットで探してくれたのが“自由が丘整形外科”でした。

私の幸運は、ここから始まり、2ヵ月先しか予約がとれないのが、偶然、キャンセル空きがあり、1ヶ月先の予約が決まったのです。

当日、介添え役の主人は高齢で車椅子が押せないので、長男と三人で新幹線で出発しました。

診察は午後5時からで、先生は若くて、口数の少ないですが優しい方でした。

握手をして、『治ります!歩けるようにします。』と言われたとき、

「この体力で、こんな遠い所まで来て、本当に良かった。」と、涙がこみ上げてきました。

両足首・両肩に注射し、いろいろアドバイスを受け、お薬を頂いて帰りました。

その夜は、1度も痛みを感じなくて、朝8時頃までグッスリと眠れました。

こんな朝を迎えられた事を、心から先生に感謝しました。

以後、痛みはウソのようになくなり、生活も一変しました。

現在、リウマチで苦しんでいる方は、一度先生に診てもらってください。

人生を取り戻して、私のように明るい毎日を手に入れて下さい。

体験談

お手紙にて 岐阜県 80才 女性