自由が丘整形外科の体験談とリウマチと膝関節治療に悩む患者さんの声

リウマチ治療の取り組みに、感動



No.35

2010年2月 リウマチと診断されて2年

大きな病気やケガをした事のない私が関節リウマチと診断され、治療を始めて2年です。

その間、病気を理解するのに時間が掛かりました。

体が思うように動かず、立つも座るも家族の手を借りて、歩けば痛みをこらえ、何をするにも時間のかかる為、自分なりの工夫をして生活が続きました。

リウマトレックスを飲み始めて少しずつ回復に向かいましたが、途中からは行ったり来たりの様子を見る状況が続きました。

このままでは良いのかなぁと思いつつ、レミケード・エンブレルの治療の話しが出た時、薬のことを知りたいと(不安も)、インターネットを開くと自由が丘整形外科 天本先生のわかりやすい治療内容と説明・リウマチ治療の取り組みに、それまで大きな不安があった私が感動。

そして心が動きました。

勇気と覚悟を必要としましたが、天本先生と初めてお会いして、素早い治療・診断と副作用の予防対策と看護師さんとの連携と信頼のおける病院と感じました。

スタッフの方々も常に冷静で気配りのある対応をしてくださり、天本先生に出会えた事、とても良かったと思いました。

エンブレルを投与を始めてから7回過ぎましたが、今は痛みも消え、もちろん痛み止めは必要なく、家事も不自由なし、つま先立ちも愛犬との散歩の少しの小走りなど全く出来なかった事を思うと、日々の変化にうれしいの一言。当たり前のことがが出来る幸せが毎日続いています。

リウマチになった事で私自身少し成長させてもらいました。支えてもらった家族にありがとうの気持ちでいっぱいです。

天本先生に出会えた事、すべての方に感謝致します。ありがとうございます。こらからもよろしくお願いします。

(後半の人生。リウマチと仲良く自助独力をして過ごして行きたいとそして楽しく・・・!!)

2008.3より他院にてリウマトレックス8mg/週内服開始
2009.10より自由が丘整形外科で治療開始 MTX12mg/週
2009.12よりエンブレル開始25mg/週開始 MTX16mg/週 現在に至る

体験談No35

院内用紙にて  川崎市  60才 Hさん  女性

院長コメント

MTXを倍に増やすことで(8mg→16mg)ほんとうによくなりましたね。

生物製剤は高い薬ですから、MTX(リウマトレックス)をしっかり使う事で、生物製剤の投与量を減らし、少しでも医療費を減らせるよう努力しています。