自由が丘整形外科の体験談とリウマチと膝関節治療に悩む患者さんの声

望み通りのリウマチ治療を受けるには



No.37

2010年3月 リウマチ

自由が丘整形に御世話になって2年が過ぎました。

皆様の体験談を読ませていただいて、地方では医療が遅れていて、
遠い網走からもいらしていることを知り、びっくりいたしました。

でも大都会に住んでいましても、やっぱり望み通りに治療をしてもらえないことには変わりがないんだということがあります。

天本先生にお世話になる前は、横浜の大学病院で治療を受けておりました。

発症していてもリウマチという診断が出るまでに半年かかりました。これは当時では仕方のないことだったのかもしれません。

すぐに治療が始まってリウマトレックスが8mg/w出て、痛みは感じなくなり1年半ほどは快適な毎日を過ごしておりました。

2年を過ぎるころからときどき痛みを感じるようになり、少しですが変形も出てきました。

不安になった私はネットで自由が丘整形を知り診断を受けました。

結局MTX16mg/wまで増えましたが、痛みはなくなり、活動的な毎日を送っていましたが、
又痛みが少し出て、先生から生物学的製剤を薦められたのです。

肺炎などの余病が心配で、どうせエンブレルを打つのなら、
前にかかっていた大学病院なら何かあった時にすぐ対応してもらえると、
転院を考え、天本先生にその由を伝え、快く紹介状を書いていただきました。

又何かあったらいつでもいらっしゃいと言っていただきました。

ところが、大学病院では生物学的製剤どころかMTXも前と同じ8mg/wで、あなたは右手しか症状が出ていないから、
生物学的製剤は出来ないと言われてしまいました。私が今薬が効いているから左手に出ていないと言っても聞いてもらえません。

痛みがひどくない今のうちに旅行とかいろいろやりなさいっておっしゃるんです。

そして恥をしのんで、天本先生のところへ戻ってきました。
先生は戻って来ると思ったよとおっしゃって笑っておられました。
ちゃんと余病が出ないようにフォローするから大丈夫と言われ、浅はかだった自分が恥ずかしくなりました。

エンブレルを初めてもう1年になりました。
経済的には大変ですが、アクアビクス、卓球、ウォーキングと活動的な毎日を送っています。

そして今年初め、MTXが12mg/wに減りました。減っても痛みもありません。ときどきリウマチを忘れることがあるくらいです。

地方からいらっしゃるのは本当に大変と思います。
近くで診ていただける先生にお会いできたことをとてもうれしく思っています。

天本先生、看護師さん、スタッフの皆さんこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

メールにて  横浜市  65才 Sさん  女性

院長コメント

WELCOME BACK !!

自由が丘整形外科を一度でも受診したかたは一生めんどうみますからご心配なく!
ファミリーみたいなもんですからね。いわば終身会員制のクラブみたいなもんです!