自由が丘整形外科の体験談とリウマチと膝関節治療に悩む患者さんの声

膝の痛みで苦しみ、悩んでいる方へ



No.9

感謝の気持ちお伝えします。

自由が丘整形外科開院1周年、おめでとうございます。

天本先生に出会えて嬉しく思い、感謝の気持ちをお伝えします。

◎暗闇にひとすじの光が…

小学生の頃に左膝の手術「リウマチ性筋硬直」を受け、その後普通に過ごしていたので、長い間、膝の痛みを忘れていました。

8年前に営業の仕事で歩きすぎて膝が痛み出し、治療を受け始めました。左膝をかばったためか、右膝の状態が悪化していました。

数年前に右膝の手術「高位脛骨骨きり術」を受けました。術後2週間たって、院内感染により灌流の手術を受けました。

その後、足首と指が麻痺してしまいました。手術を勧められたが、納得いかず、理学療法とリハビリを受けていました。

「手術が必要かどうか」専門医の診断を仰ぎたいと思い、福祉の友人の紹介で某総合病院のS医師の診察を受けました。

紹介状も何も持たず、救いを求めて飛び込んできた患者を哀れに思われたのか、優しく親切に診察してくれました。

「手術が必要かどうかは貴方自身が決めることです。」という言葉にホッとして、2年間通院治療を受けました。

膝の状態が安定してきたので、仕事復帰したいと思い、

家の近くの某クリニックに「紹介状」を書いていただき、通い始めました。

通勤途上、ラッシュアワーの駅の階段で左膝をひねり、レントゲン検査を受けた結果、人工膝関節手術を勧められました。

長い間、手術を避けて、通院治療(関節注射、内用薬、外用薬)とリハビリ中心に過ごしてきたけど、疲れ果ててきました。

半分諦めながら、インターネットでGoogle検索していると、トップに自由が丘整形外科のホームページが現れました。

内容を読み進めるうちに、涙がこみあげてきて、“暗闇にひとすじの光が差し込んできた”ように感動しました。

◎魔法だけでなく、愛情をこめたから元気になったのだよ…

9月末に、初めて天本先生に診てもらい、

「こんなに膝が痛んで、辛い思いをしたのですね。サプリメントとリハビリで治しましょう。」 と言われて、再び、涙がこみあげてきて、こらえるのに必死でした。

その日は関節注射と内用薬(漢方薬と痛み止めと胃薬)を出してもらいました。

今まで多くの医者に関節注射を受けましたが、先生の注射の上手さには驚いてしまいました。

翌日から膝の痛みも軽くなり、2回目は心軽やかに来院し、リハビリのN先生に治療を受けました。

治療の後、左膝の違和感がなくなり、思わず、 「オーッ、先生、魔法をかけたのかしら」と言うと、“魔法だけでなく、愛情をこめたから元気になったのだよ” と大きな目で優しそうに見つめてくれました。

今、リハビリを担当していただいているH先生、娘と同世代で、話がはずみ、しばし膝の痛みを忘れてしまいます。

受付やスタッフの皆様も親切に対応してくださるし、院内は心が和らぎ、つかの間の癒し(いやし)の空間となっています。

◎膝の痛みで苦しみ、悩んでいる方へ!!!

諦める前に、一度、自由が丘整形外科を訪問して、天本先生に診てもらっては、いかがでしょうか。

私は今、リウマチの検査が陰性なので、関節形成術(UKA Oxford)が可能とわかり、希望が出てきました。

息子と娘が自立し巣立っていったあと、第二の人生を有意義に生きるために、手術を決意しています。

 

メールにて 東京都調布市在住 S・Hさん