喫煙者お断りについて 東京リウマチ・膝関節治療センター 東京都 世田谷区|大田区|目黒区 整形外科 リウマチ科

自由が丘整形外科

リウマチ(+膝関節)専門

自由が丘整形外科 電話対応時間月~金 10:00~17:30まで 0337221411

田園調布駅徒歩7分
自由が丘駅徒歩15分

トップページの中の自由が丘整形外科についての中の私たちが喫煙者の診療をお断りする理由

喫煙者お断りについて

私たちが喫煙者の診療をお断りする理由

喫煙者は、初診時までに完全にタバコを止めておいてください。

受診後もタバコの臭いのする方には、厳しく警告します。

タバコは、肺がんや心筋梗塞・脳血栓の原因になるだけではありません。

関節・軟骨・骨・血管・皮膚など人体のあらゆる組織の老化を促進します。

骨粗鬆症の悪化因子になることも証明されています。

リウマチ治療中の患者さんでは、抗リウマチ薬にタバコが加わると毒性が強くなり、肺炎など感染症のリスク・死亡率が高くなります。

リウマチ、骨・関節の病気を本気で治したいのであれば、まず、タバコを止めること自体が、治療の第一歩になります。

太っているなどの体質はほとんど遺伝で決まりますから責めることはできません。

しかし、強い意志があればタバコは止められるはずです。

タバコは周囲のひとたちや、家族の健康も伏流煙によって損なっていることになります。

とくに、飲食店のスタッフなどのように、一日中タバコの煙の中で過ごさなければならないようなかたの場合は本当に気の毒です。

相当寿命を縮めているのではないかと推定しています。 割のあわない話だと思います。自分の健康を切り売りして働いているのと同じことです。

経営者や雇用者は、自らの従業員の健康を守る義務があると思います。

本院を受診するために(今までに考えもしなかったのに)タバコを止めた、止められて良かったとおっしゃるかたが大勢います。

また、本院では喫煙者の職員採用はもちろんのこと、出入りの業者も喫煙者はお断りしています。

私たちが喫煙者の診療をお断りする理由2

喫煙者はリウマチが治りにくい

喫煙者は非喫煙者にくらべて、MTXや生物学的製剤(抗TNFα製剤)を使っても関節リウマチがよくなる率が大幅に下がることが大規模な研究で明らかになっています。

Saedis Saevarsdottir らによるスェーデンでの調査 Arthritis & Rheumatism vol 63 Jan 2011

エビデンス 引用元
Patients with early rheumatoid arthritis who smoke are less likely to respond to treatment with methotrexate and tumor necrosis factor inhibitors: observations from the Epidemiological Investigation of Rheumatoid Arthritis and the Swedish Rheumatology Register cohorts.

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/art.27758/abstract

田園調布イラスト
^